Archive

Posts Tagged ‘コツ’

写真写りのコツを紹介

履歴書の写真を撮ると、いつも変な顔に写ってしまうという事はないでしょうか?姿勢が悪かったり緊張していたりすると、写真写りは悪くなってしまいます。そこで、ここでは写真写りを良くするコツをいくつかご紹介しましょう。

・リラックスする
証明写真を撮る時はどうしても緊張してしまいますが、写りが悪くなる原因の一番はそこにあります。気楽に写す普通のスナップ写真と違い、証明写真では表情も強張ってしまいます。そこで、頭の中で何か楽しいことや面白いことを考えるだけでも緊張がほぐれて、印象のいい写真に仕上がります。

・顎は引いた感じにする
よく言われることですが、顎を引くと顔も小さく見えるのでしっかり顎は引いて写りましょう。逆に顎が出ている状態では顔が大きく見えて写りが悪くなってしまいます。

・カメラをまっすぐ見据えないようにする
椅子を調整して、若干高いくらいにしてみてください。真正面からカメラを睨むようになると、どうしてもきつい感じに写ってしまいます。カメラより多少視線を上に置く感じで撮ればかなり印象も変わってきます。

・リテイクをする
最近の証明写真機のほとんどはリテイクが可能です。芸能人やモデルの写真でも何十枚、何百枚と撮影した中からいい写真を選んでいます。そこまでたくさん撮る必要はありませんが、一発で決めようと思わずに何回か撮ってみていいものを探してみてください。

・撮影前にまばたきを
「写真を撮るときに目をつぶってしまう」という人は撮影直前に何度かまばたきをするといいでしょう。意図的にパチパチと何回かするだけで撮影時のまばたきを防ぎ、目をぱっちりとした感じで写すことができます。

履歴書の写真では写りをよくすることも大切ですが、一番の目的は「良い印象を与えること」です。芸能人の宣材写真ではないので、ポーズを取ったり笑顔になる必要はありません。むしろ、すっきりと感じのいい雰囲気を目指してみてください。